切通陣屋(長森城)

岐阜県:歴史・観光・見所岐阜県の城郭>切通陣屋(長森城)
切通陣屋(長森城):略データ
・場 所・岐阜県岐阜市切通6丁目
・築城年・長森城:文治元年・切通陣屋:享和3年
・築城者・長森城:渋谷金王丸・切通陣屋:安藤信成
・城 主・長森城:渋谷氏、土岐氏・切通陣屋:安藤氏
・構 造・平城(陣屋)
・文化財・岐阜市指定史跡
・指定日・−
・概 要・切通陣屋の前身となる長森城は文治元年に長森庄の地頭に就任した渋谷金王丸が築いたとされます。

詳細は不詳ですが渋谷氏は相模国高座郡渋谷村を本貫とし「秩父」姓を掲げる武士で、古くから源氏に従い、承暦3縁に発生した承暦濃州の乱では当時の当主秩父重家が源義家に与し、美濃攻めで功績を挙げている事から長森庄周辺の所領を得た可能性があります。

重家は京都で渋谷権介盛国を討伐した功績で、堀河院から「渋谷」姓を賜ったとされ、その子供である金王丸は源頼朝の家臣として活躍し長森庄の地頭職を任ぜられたようです。その後、渋谷氏は当地を離れた事から長森城も廃止となっています。

暦応2年に美濃国守護職の土岐頼遠が本城を当地に遷し、守護所として長森城を拡張整備し、以後、土岐家が城主を歴任しています。文和2年に土岐頼康が守護所としては長森城が手狭になった事から新たに川手城を築城し本城を遷した為、当城には土岐直詮が配されています。

天文11年に美濃国守護代だった斎藤道三の下克上により、土岐頼芸を尾張国に追放した事から、長森城も道三によって接収された可能性がありますが、稲葉城(岐阜城)が完全に斎藤家に掌握されると長森城は廃城になったと思われます。

享和3年、陸奥磐城平藩主安藤信成が幕府の老中等の要職を歴任した功績により美濃国の厚見郡11村、方県郡11村、羽栗郡2村、本巣郡6村合計1万8千石余が加増された事を受け、長森城の跡地に切通陣屋を設け当地を支配しました。

陣屋には群奉行2人、代官4名、与力5人、同心5人等22人が詰めていました。陣屋主は明治維新まで安藤家が歴任しましたが、明治4年に施行された廃藩置県により陸奥磐城平藩が廃藩になると、当陣屋も廃止となっています。

現在は敷地の多くが住宅側として整備された為、目立った遺構は残されていませんが、以前からあった切通観音の前に石碑が建立されています。切通陣屋の跡地は貴重な事から岐阜市指定史跡に指定されています。

切通陣屋(長森城):付近地図
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。