徳永氏五之里陣屋

岐阜県:歴史・観光・見所岐阜県の城郭>徳永氏五之里陣屋
徳永氏五之里陣屋:略データ
・場 所・岐阜県揖斐郡大野町五之里
・築城年・江戸時代
・築城者・徳永氏
・城 主・徳永氏
・構 造・陣屋
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・五之里陣屋は旗本徳永氏が領内支配の為に設けた行政施設です。

徳永家は関白だった藤原頼通の4代後裔の少納言家孝の子供である美作守昌隆の後裔、式部津師興昌が近江国徳永村を本貫地として事から地名に因み「徳永」姓を掲げたのが始まりとされます。

戦国時代の当主、徳永寿昌は賤ヶ岳の戦い以降、秀吉の家臣として功績を重ね尾張国丹羽郡と美濃国松木島内に2万石が与えられ、松ノ木城の城主となっています。

慶長5年の関ヶ原の戦いでは東軍に与した事で2万石が加増され、さらに、美濃国多芸郡、不破郡、石津郡、尾張国海西郡内の加増を受け、合計5万6百石となり高須城を本城とする高須藩を立藩しています。

しかし、跡を継いだ高須藩2代藩主徳永昌重は寛永5年に大坂城二之丸の石垣普請の助役として弘治遅延の責任を取られされ改易となり、自身は庄内藩主酒井家に預りの身となっています。

嫡男だった徳永昌勝も連座し、正室が新発田藩主溝口宣勝の娘だった事から新発田藩主溝口家の預けられています。

慶安元年に昌勝は罪が解かれ2千俵が安堵された事で寄合旗本として御家再興を果たしています。

その後、後裔は2千2百石の旗本として明治維新まで存続しています。

五之里陣屋は50m四方程度の規模で、敷地内部の詳細は不詳、現在は五之里公民館や住宅街となっています。

徳永氏五之里陣屋:付近地図
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。