津屋城

岐阜県:歴史・観光・見所岐阜県の城郭>津屋城
津屋城:略データ
・場 所・岐阜県海津市南濃町津屋
・築城年・−
・築城者・−
・城 主・高木八郎左衛門正家
・構 造・平城
・文化財・海津市指定史跡
・指定日・−
・概 要・津屋城が何時頃築城されたのかは判りませんが、慶長5年に発生した関ヶ原合戦直前には高木八郎左衛門正家が居城として利用していました。

正家は高須城の城主である高木十郎左衛門盛兼の縁者で、文禄元年から豊臣秀吉に従い、関ヶ原の戦いでは盛兼と共に西軍方として行動しました。

東軍方の徳永寿昌は高須城に立て籠もる盛兼に対して開城を求めると、盛兼は無血開城だと面目が立たないとし、空砲で八百長戦を行った上で降伏するとの約束をしました。

しかし。東軍方は空砲をいいことに高須城に接近し隙を突いて実弾で攻撃を開始、驚いた盛兼は何の抵抗も津屋城に退去しています。

正家は逃げ込んできた盛兼隊を収容し、迎撃態勢を整えようとしましたが、一族の高木帯刀が守る駒野城も既に開城し東軍に降伏した事から、津屋城は瞬く間に東軍に取り囲まれました。

正家は籠城戦を諦め、盛兼を連れ立ち西軍が本陣を構える大垣城に落ち延びましたが、本戦である関ヶ原でも西軍が敗れた為、盛兼は改易となり、正家も命運を共にしたと思われ間もなく津屋城も廃城になっています。

慶長8年に新たな領主となった徳永寿昌により津屋城の城跡に本慶寺が開創され、現在も土塁と空堀の一部が残され、山門である長屋門は津屋城の城門を利用したものと伝えられています。

一の曲輪は本慶寺境内北隅の一角と推定され、一段下がった本堂や庫裏が建てられている平場が二の曲輪、南側の堀を挟んだ畑地が三の曲輪だったとされます。

津屋城の城跡は貴重な事から海津市指定史跡に指定されています。

津屋城:付近地図
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。