帰雲城

岐阜県:歴史・観光・見所岐阜県の城郭>帰雲城
帰雲城:略データ
・場 所・岐阜県大野郡白川村保木脇
・築城年・寛正年間
・築城者・内ヶ島為氏
・城 主・内ヶ島氏
・構 造・山城
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・帰雲城は寛正年間に内ヶ島為氏によって築かれたとされる中世の城郭です。

内ヶ島氏は信濃国松代を本貫とする楠氏の一族の後裔とされ、室町時代には足利将軍家に従い、内ヶ島季氏は3代将軍足利義満の馬廻衆でした。

跡を継いだ内ヶ島為氏は8代将軍足利義政の命により白川郷に配され、向牧戸城を築いています。

一方、内ヶ島氏の家臣で、後に尾張藩士となった山下家の系図によると内ヶ島家は武蔵国出身で、室町時代初期に足利尊氏兄弟が対立していた際に白川庄帰雲郷に配されたとしています。

武蔵国の内ヶ島家は武蔵七党の猪股党の支族である岡部氏に一族とされ、鎌倉幕府の御家人としても記録されている事から、白川内ヶ島家も関係が深いと考えられます。

その後、領内に境内を構えていた一向宗の正蓮寺と激しく対立し長享2年、又は延徳元年に滅亡させています。

しかし、本願寺の蓮如により一向宗との調停が成立し、正蓮寺(照蓮寺)の再興を認め、為氏は孫娘を明教の遺児である明心に嫁がせています。

戦国時代には飛騨国の有力国人領主として一目を置かれるようになり、特に領内に数多くの鉱山を有し、豊富な鉱物資源を産出していた事から、領地の多く山岳地帯だったものの経済的に裕福だったと推定されています。

又、織田信長に接近し、織田家の越中侵攻に協力し、援軍を派遣しています。

天正13年に羽柴秀吉に従った金森長近の飛騨侵攻により、降伏し所領が安堵されたものの、同年に発生した天正地震により帰雲山が山体崩壊を起し、帰雲城と城下町全てがそれに飲み込まれたとされ、内ヶ島家の一族、家臣共に一夜にして滅亡しています。

正確な帰雲城の位置が判っている訳では無く、未だに庄川の左岸にあったのか右岸にあったのかもさえ定まっていません。現在ある石碑は、庄川近くの砕石場を営む建設会社の社長の意向と尽力により整備されたものとされます。

帰雲城:付近地図
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岐阜県:歴史・観光・見所」は「岐阜県の歴史」、「郷土資料辞典−岐阜県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。